SANフラワー

認知症による徘徊でお困りの方 認知症老人徘徊感知システム

GEOフェンスSANアンテナ

ご利用者様マイページログイン

タグ・レーダーのご予約はこちら

SANフラワー見守りサービスについて

山岳遭難の統計・傾向

警察庁が出した『平成26年中における山岳遭難の概況』(2015年6月)、および過去の統計を見てみると、平成26年度は過去最悪の遭難者数で、山岳遭難者の態様別で見ると、道迷いが全体の41.6%を占めて第1位。次いで滑落が17.9%で第2位となっています。

また年齢別で見てみると、60代が第1位、平成21年以降は第2位に70代、
第3位は50代となっており、圧倒的に50代以上の年齢層の山岳遭難者が多いことが分かります。

年齢層別山岳遭難者の割合(過去9年)

遭難すると発見しにくい

遭難する方の多くが、道迷いや滑落で半数を占めています。
警察や消防、自衛隊が捜索に当たる場合は、人海戦術で捜索していることが多く、検討違いの場所を探している可能性もあります。
また実際の遭難の場所が分かったとしても、遭難してから時間が経っていると、荷物が動物などによって持ち去られたりするため、手掛かりとなるものが少なくなり、発見が遅れるもしくは発見しづらくなります。

遭難や災害に遭ったときは、SANタグが自分を発見してくれるお守りになります。

遭難してしまった時に自分の身を守るために

登山中に道に迷ってしまった場合にも、SANタグとSANレーダーがあれば、遭難した方の居場所を特定することができます。
通常のコースから離れてしまうと、発見に時間がかかり、GPSではおおよその場所しか特定できませんが、捜索する方がSANレーダーを使って捜索することで、SANタグを持っている遭難者のところまでたどり着くことができます。山岳地では、携帯電話が通じない場所が多く、電池もすぐに切れてしまいますが、SANタグは1回の充電で約1.5か月と長持ちするのでお守り代わりに持って行くだけで、いざという時に安心です。

仮に遭難してしまった時に自分の身を守るために

SANレーダー SANタグ

SANタグ・SANレーダーについて